A21d83362f2fe1d4bc1894f34a510182
まこりんとペン子のバタバタ日記

神様からのプレゼント〜食物アレルギー対応食料理コンテスト〜

2017/03/15 00:10 朝ごはん 子ども 旅行・お出かけ くらし 家族


3月12日に東京の駒込にある女子栄養短期大学で行われた、ニッポンハム食の未来財団主催「第2回 食物アレルギー対応食料理コンテスト」で私の「ノンエッグで!とろ〜り半熟エッグスラット」が審査員特別賞に選んで頂け、表彰式に参加して来ました。





このコンテストは、日本ハムさんが食物アレルギーに関わる全ての人を支援する「食の未来財団」と言う財団を設立され、その活動の一環として「全ての方に食べる喜びを」と言う理念のもと、今までアレルギーと関わってきた方の経験や実践を、今、食物アレルギーと向き合っている方々へ広く浸透していくことを目的とした物で、「全ての方に食べる喜びを」と言う言葉に感動して、アレルギーの子供を持つ母親として、今までアレルギーと正面から向き合い、戦ってきた思いを全てぶつけるレシピを考えて応募してみよう!と挑戦してみたコンテストです。



そして、考えたのがこの「ノンエッグで!とろ〜り半熟エッグスラット」

卵を使わずに半熟卵のとろっとした見た目と食感を表したレシピです。とろっと半熟卵に見えますか??


このレシピを考えたのは、上の子が幼稚園の時に「クレヨンしんちゃん」が好きで、しんちゃんが大好物の「卵かけご飯」を食べるのを見る度に「俺も卵かけご飯をいつか食べてみたいなぁ、、、」と何度も言っているのを聞いて、生卵は無理だけれど、何とか半熟卵位は除去食で作る事が出来ないか、、、と、何年も考えていて、、、私が知っている限りでは半熟卵を表現した除去食レシピはどこにも無く、もし作り出せたら卵アレルギーで半熟卵を食べた事が無い沢山のお子さんとお母さんが喜んでくれるんじゃないかな?と言う思いで作った本当に思い入れのあるレシピ。



どうやって半熟卵の様なとろっと食感を表現したら良いか、、、考えに考えて、固めて半熟にするのでは無く、固めたものを溶かして半熟にしたらどうか?と逆転の発想で、野菜で作った黄身ゼリーを先に作り、豆乳マッシュポテトにスモークサーモンを交互に挟んで層にして、上に卵の白身を表した豆乳ホワイトソースを乗せてからエッグスラットと同じ様に鍋で温め、最後に黄身ゼリーを豆乳ホワイトソースの真ん中に少し穴を開けて乗せ、ゼリーが熱で少し溶けた所を熱々で食べて半熟卵の様なとろっと食感を楽しんでもらうノンエッグスラットを作ってみました😊✨✨


卵だけでなく、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生除去で作っているので、卵アレルギー以外のアレルギーがあるお子さんにも食べてもらえるのは勿論の事、家の下の子も「これ美味しいな!!」とパクパク食べたので、アレルギーが無い方にも美味しく食べて貰えるレシピになっています。





女子栄養短期大学に到着🙌





控え室に入ると、席に名札を用意して下さっていて実感と緊張が💦💦



いよいよ表彰式の始まりです(゚A゚;)ドキドキ





表彰式には、ニッポンハム食の未来財団の関係者の方、審査員の方、報道の方、上位受賞の方、入賞者の同行の方がいらっしゃっていました。


実は、当日のこの表彰式で各賞の発表だったので、発表されるまでは何賞に選んで頂けていたのか誰も知りませんでした😲‼それだけに皆さんドキドキして緊張感が漂っています😓💦💦


そして、頂けたのが「審査員特別賞」でした✨✨グランプリや優秀賞ではありませんでしたが、17年アレルギーと正面から向き合って戦ってきた想いをニッポンハム食の未来財団の方や審査員の方に聞いて頂けたので、その事が本当に嬉しかったです。



料理コンテストで実物の表彰状を貰ったのは初めてで本当に感激((o(*>ω<*)o))透明な盾の中に表彰状が入れてある初めて見るお洒落な表彰状でした😲✨✨


私のレシピを選んで下さった審査員の皆様、そして、ニッポンハム食の未来財団の皆様、女子栄養大学出版部の皆様、並びにコンテスト関係者の皆様、本当にありがとうございました🙇





 【ニッポンハム食の未来財団】


https://www.miraizaidan.or.jp


授賞作品は順次レシピが動画化されるそうです。

ニッポンハム食の未来財団では、他にもアレルギーセミナーやアレルギー対応食の料理教室なども行われているので、アレルギーで悩んだり、知りたい事がある方は是非見てみてくださいね*.(๓´͈ ˘ `͈๓).*




上の子が生まれ、子育ての仕方すらわからない状態の中、アレルギーと言う未知の世界に足を踏み入れて戦ってきた日々。アレルギーで苦しい思いをする上の子を見る度に、母親である自分のせいではないか、、、と、落ち込んでしまいそうになる気持ちを抑え、ただ前だけを見てアレルギーと戦って来た日々。


でも、今回、このコンテストでアレルギーと戦っている方に伝承したいレシピに選んで頂けた事で、アレルギーは苦しいけれど、私が母親だったから食べさせてあげられる物もあった。私が母親で良かった。と、神様に許して貰えた気がして、、


表彰式の3月12日が私の誕生日という事も、神様が頑張って来たご褒美に私に母親としての自信をプレゼントしてくれた気がして本当に嬉しかったです。



神様から素敵なプレゼントが貰えた誕生日🎁 



神様に貰ったプレゼントを胸に、これからもアレルギーと戦って行きたいと思います。 



いつもイイねありがとうございます🍀🍀



長いブログを最後まで読んで下さって本当にありがとうございました🙇










クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください